保障と料金のバランスを考えよう

女性が保険を意識する時はどんな時でしょうか。
社会人になった時や結婚・出産など、ライフスタイルが変わるときに興味を持つ方は多いようです。また、現在ご加入のものに疑問を持たれたときなども、改めて考えるきっかけになります。
女性向けの保険とは、特有の病気に対して保障を手厚くしたものです。例えば、子宮内膜症など子宮にかかわる病気、乳がんや卵巣がん、不妊治療が対象に含まれるものもあります。
幅広いものになると、甲状腺障害や低血圧などの男性はかかりにくい病気も保障の対象になるものもあります。万が一の時に手厚い補償をしてもらえるのは安心です。入院、手術の給付金に上乗せがあり、通院や働けなくなった時の保障があるプランもあります。
また、定期型か終身型か、健康ボーナスがついているかいないかなど様々なプランがあり、内容がとても充実しています。

しかし、内容が充実していればいるほど、その分保険料は高くなる傾向があります。健康ボーナスやお祝い金があるタイプだと、特にそういう傾向があります。それをデメリットと考えるかどうかはその人の考え方次第ですが、家計を圧迫して無理を続けるのにも限界があるでしょう。
基本はあくまでも医療ですから、女性特有の保障ばかりを気にした場合、その他の疾患に対する保障の使い勝手が悪かったり、頼りにならなければ本末転倒です。
選ぶ際は、大手メーカーの華やかなCMが流れているものも良いですし、掛け捨てで安い地元の共済に特約を付けるという手もあります。家計とのバランスを考えて、自分に合うものを選ぶことが大切です。
保険の種類は豊富にあるため、女性に必要な保険や保証内容などをしっかりと確認し、幸せな人生を歩みましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*